弘前の締めは薮きんでカレー中華-〆にぴったりのお蕎麦屋さんのカレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3




しゅんようばし

とあるアニメを観て弘前に行きたいな、と思っていたので、思い切って行ってみました。

弘前城を散歩していたりすると、時間の流れがゆっくりになった気がして、とても和むところです。

いつか弘前のことを記事にしたいと思っていますが、ちょっと変わった食べ物をいただいてきたので、先にそれをご紹介したいと思います。




弘前の薮きんは人気のお蕎麦屋さん

その変わった食べ物は「カレー中華」というものでして、弘前の繁華街にあるお蕎麦屋さんの「薮きん」さんで食べられます。

薮きんさんは結構遅い時間までやっているようで、最後の締めにぴったりのお店です。

私も遅い時間にお店に入ったのですが、飲み会帰りの人たちと思われるお客さんでいっぱいでした。

そこのメニューにあったカレー中華というものが気になったので、注文してみることにしました。

カレー中華って何だろう?

カレー中華

少し待ってやってきたのは、おいしそうなカレーの香りがするものでした。

上の具はシンプルで、チャーシューと玉ねぎ、ねぎなどがのっています。

見たところカレーそばのそばが中華麺になっているのかな、というのが感想です。

カレーそばともカレーラーメンとも違うカレー中華

お蕎麦屋さんのカレーそばっておいしいですよね。

ちょっと変わり種だけど、こだわっているカレーラーメンもおいしいですよね。

そのどちらでもなく、両者のいいとこどりをしたのが薮きんさんのカレー中華なのではないでしょうか。

スープはカレーそばのようにうまみが凝縮されているのですが、ドロッとはせず割合サラサラ系で、こだわっているカレーラーメンのようにスパイスが効いているのですが、そこまで複雑ではない、といった感じです。

どちらのいいところも取り込んだカレー中華のスープはなかなか中毒性があり、麺ともよく絡むのであっという間に麺がなくなってしまいます。

麺が終わった後、おなかいっぱいだけれども残ったスープが止まらなくなってしまうほど中毒性が高いので注意が必要です。

弘前にはおいしい料理がいっぱいありますが、それを食べ終えた後のちょっと変わり種の締めにカレー中華はいかがでしょうか。

スポンサーリンク