SENNHEISERのHD800Sは超いい音の高音質ヘッドホン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4




HD800S 箱

SENNHEISERのHD800といえば、別次元の音場の広さときれいな音で有名なヘッドホンでした。

超高性能なのですが、価格も10万円を軽く超えてくる別次元のヘッドホンでした。

今思えば、安いときに買っておけばよかったなと思うのですが、現在では生産が完了し、なかなか手軽に購入できない感じになってきてしまいました。

HD800は生産完了となりましたが、その改良版であるHD800Sが出てきましたので、手に入れてみました。

今回はHD800Sをご紹介します。




HD800Sを開封

HD800S 箱

HD800Sの箱は結構大きいです。

ハイレゾマークがついていますね。

HD800S 箱2

外箱の中にはまた箱。

HD800S 開封

存在感があります。

HD800S コード

ケーブルも付属しています。

HD800Sもきれいな音は相変わらずすごい!

HD800S

最初の印象は、やっぱりいい音!といった感じです。

楽器の音などが細かいところまで聞こえてきます。

ああ、こういう音も鳴っていたんだ、と新たな発見をすることができます。

これまではbeyerdynamicのT1をメインに使っていたのですが、それと比べても解像度が高いというか、ひとつひとつの音がわかりやすく鳴っている感じを受けます。

ただ、T1よりもボーカルの声まで分離がよすぎるというか、別々な感じに聞こえてしまうイメージもあり、ボーカルを楽しみたい場合にはT1の方が楽しいかな、と思うケースもありました。

ただ、それはあくまでもT1と比べて、ということで、HD800Sの広い音場と高解像度の音で、ボーカルも十分に楽しむことができます。

価格が高いので購入を躊躇する方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には価格に見合う音を楽しませてくれる、買ってよかったヘッドフォンだと思います。

スポンサーリンク