8月以降SPGアメックス特典の無料宿泊は50000ポイント以下のホテルで利用可能

spgアメックス8月からの無料宿泊特典クレジットカード

SPGプラチナ

 

SPGアメリカンエキスプレスカードというクレジットカードには、旅行によく行く人にとってはうれしい特典がたくさんあります。

 

その中に、カードを1年使う(年会費を2年分支払う)とSPGという会員プログラムを運営しているスターウッドのホテルでの1泊の無料宿泊がプレゼントされるという特典があります。

 

8月からSPGとマリオット・リッツカールトンの会員プログラムが統合され、そんな素晴らしい特典が使えるホテルがたくさん増えます。

 

以前その無料宿泊特典が使えるホテルの条件についての情報がSPGからメールで送られてきていましたが、今回SPGアメックスから発表がありましたのでご紹介したいと思います。

SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内

SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内 | スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのサービス
SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内 | スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのサービス | クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

SPGとマリオット・リッツカールトンの統合は8月18日(米国時間)から

マリオット・リッツカールトンとSPGの統合は2018年8月18日(米国時間)に行われることになりました。

マリオットとSPG統合は8月18日-SPGアメックス無料宿泊特典は?

 

SPGアメックスの特典の無料宿泊が使えるホテルは50,000ポイント以下のホテル?

SPGからのメールには、以下のような情報が記されていました。

spgアメックス8月からの無料宿泊特典

正確ではないかもしれませんが、訳してみますと、

 

毎年1泊の無料宿泊をプレゼント

カード会員の皆様には、毎年カードをご継続いただく毎に1泊分の無料宿泊特典をプレゼントいたします。この特典はプログラム参加ホテル(50,000ポイント以下)でご利用いただくことができます。

 

多分こんな感じになるのかと思います。

 

50,000ポイントというのは、8月以降の新しい会員プログラムでのポイントによる無料宿泊に必要なポイントです。

8月以降のマリオット・SPGの無料宿泊に必要なポイントを発表

8月以降のマリオット・SPGの無料宿泊に必要なポイントを発表
8月以降SPG・マリオット・リッツカールトンに無料宿泊するために必要なポイントが発表されました。8月以降、2019年初頭までお得に高級ホテルに泊まれるチャンスもありますので、そちらもご紹介しています。ボーナスチャンスを見逃さないようにしたいですね。

 

SPGアメックスからもカード継続特典の無料宿泊は、1泊50,000ポイントまでのホテルで利用できると発表されました。

 

ただし、あくまでも1泊分のみ利用でき、分割して2泊分、といった利用はできないようです。

SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内 | スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのサービス
SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内 | スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのサービス | クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

8月以降SPGアメックスの特典で無料で宿泊できる日本国内のホテルは?

上記のSPGアメックスの無料宿泊特典が利用できるホテルが50,000ポイント以下ということになりますと、日本国内では以下の新カテゴリー6以下のホテルで利用できることになるかと思います。

 

カテゴリースタンダード 8/1~オフピーク 2019予定ピーク 2019予定
17,5005,00010,000
212,50010,00015,000
317,50015,00020,000
425,00020,00030,000
535,00030,00040,000
650,00040,00060,000
760,00050,00070,000
8 2019予定85,00070,000100,000

 

オフピーク時にはカテゴリー7まで、ピーク時にはカテゴリー5までのホテルに無料で宿泊できることになりますね。

 

背景が赤になっているホテルは無料宿泊に必要なポイントがスタンダード期間で50,000ポイントを超えてしまいますので、SPGアメックスの無料宿泊特典の対象外になるかと思います。

 

 

SPGアメックスの無料宿泊特典の対象外は京都・東京のラグジュアリーコレクションとザ・リッツカールトン、セントレジス大阪とウェスティンルスツリゾート、ということになりそうです。

 

ウェスティンルスツリゾート以外は、それぞれ7月以前もSPGの無料宿泊特典の対象外だったと思います。

 

ウェスティンルスツリゾートにオフピーク時以外SPGアメックスの無料宿泊特典で宿泊できなくなってしまうとしたら、残念ですね。

 

無料宿泊特典の対象が広がった

今までカテゴリー6までのホテルで利用できたSPGアメックスの継続特典の無料宿泊でしたが、8月以降は50,000ポイント以下のホテルで利用可能というように変更になりました。

 

ピーク、オフピークによって無料宿泊に必要なポイントが変わる制度が導入されてからは、新しいカテゴリー6のホテルにはピーク時に宿泊することができなくなりますが、オフピーク時にはカテゴリー7のホテルにも無料で宿泊できることになりそうですので、使い方によっては改悪にも改善にもなりそうですね。

 

また、一番大きいのがSPGアメックスの無料宿泊特典がマリオットでも利用できるようになったことだと思います。

 

日本国内もそうですが、特に海外に行ったときにホテルの選択肢の幅が広がるのはとても便利なことだと思います。

 

SPGアメックスでのマリオットのラウンジと朝食は利用できなくなりましたが、それでも魅力的なクレジットカードであることには変わりはないと思います。

SPGアメックスはどうなる?マリオット・リッツカールトン・スターウッドの会員プログラムの統合の簡単なまとめ

 

今ならお得なSPGアメックスご紹介フォーム

 

SPGアメックスはどうなる?マリオット・リッツカールトン・スターウッドの会員プログラムの統合の簡単なまとめ
ついに会員プログラムの統合が発表されました。簡単にですが統合後どうなるのかをまとめています。改善、改悪、正常化、いろいろな評価があると思います。
SPGアメリカンエキスプレスカードご紹介フォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました